電話占いヴェルニ 千花先生

夫のDVを千花先生に相談しました


 

神奈川県の藤沢市に住むミワです。今は娘と二人で暮らしています。

 

 

私は28歳の時、知人の紹介で主人と出会い結婚しました。
夫は二歳上の30歳でした。私は結婚に対してあまり深く考えを持っていなくて、夫になる人は真面目で大人しい人なら大丈夫、穏やかな家庭が作れるものなんだと思っていました。

 

 

だから知人が紹介してくれた主人と会った時、きっとこの人なら穏やかでいい家庭が作れる、と思って話を進めました。年齢的にも、子供を何人か持つつもりなら早く結婚しないと、と焦っていたのもあったと思います。夫は公務員で、仕事もメンタルも安定している人に見えました。

 

 

30歳で娘が生まれました。夫は子供を可愛がってはくれましたが、ときどき子供と張り合うような、子供と私を取り合うような言動を見せる時がありました。

 

「おかしいな?」と感じはじめたのは、このころからでした。

 

 

子供が生まれてから、それまでのアパートから賃貸の一戸建てに移りました。
家賃は大体11万くらいでそれまでより少し上がってしまいましたが、子供を物音を気にしない環境で育てたかったので…。
夫の暴言は子供が生まれてからひどくなりました。子供がいるとどうしても子供の世話や欲求を優先することになります。

 

夫の要求(お茶の温度が気に入らないとか、ヨーグルトの銘柄がいつもと違うから買い直して来いとかとか)に少しでも応えられないと、何かに取りつかれたような目つきで私を罵しりだすのです。

 

 

私側にも理由や言い分があって説明しようとするのですが、夫の説教はあまりに長く、終わりがなくて、言葉数も多く罵しるので、言葉を理解して反省しようとしてもだんだん何が問題だったのか分からなくなってきて、結局夫の言う通りに私が謝るしかないパターンが多くありました。

 

 

とにかく理屈っぽくて、しかも夫にしか分からないルールがあって、私がそれに沿わないと長い長いお説教が始まるのですが、その延々と私を否定する時間が苦痛で、怖くて、いつの間にか夫の顔色ばかり伺うようになりました。
そんな生活が続くと、不思議なことに「逃げよう」とする気持ちも無くなっていきました。
ただ、反射的に夫の顔色を見て、怒らせてはいないかだけを考えるようになっていきました。
私の考え、というのはどんどん無くなっていくような感覚がありました。

 

私にもこう考えている、こうしたい、という気持ちも考えもあったと思うのに、夫の意のままに動かないと、あの恐ろしいお説教の時間が来てしまう。
だから夫を怒らせないように動かなきゃ、と反射的に行動するだけしか頭になくなっていくのです。
お洒落もしなくなりましたし、メイクもしなくなりました。

 

日に日にオンナでなくなっていく自分がいました。

 

日に日に夫の奴隷になっていく自分がいました。

 

 

 

一戸建ての家は夫の怒鳴り声が隣近所に聞こえにくく、余計に夫を増長させてしまったようにも思います。
夫は娘には暴力も暴言もほとんどありませんでしたが、私が娘の世話にかかりきりになっていると、娘に対しても「可愛くない」だの「お前は俺の子供じゃない」だの言い出すのです。

 

 

「やめてくれ」、と言っても無駄でした。

 

 

 

ある時、私は一体何のために生きているのだろう?と考えました。何もしたくないしやりたくもないのに、夫からの暴力が怖くて、反応しているだけの毎日。

 

 

身体のアザを見て、ふと死んでしまったほうが楽なのに…と考え、でもなぜ私が死ななきゃならないんだろう?と思いました。

 

 

娘は膝ですやすや眠っています。この子はどうなるの?どうしてあんな訳の分からない主人のために,この子と私が犠牲にならなきゃいけないの?と、目が覚めたような気持ちになりました。

 

 

 

そんな時です。たまたま知人から聞いて「千花先生」の存在を知りました。

 

最初は半信半疑でした。「え、占い?」というのが正直なところです。

 

それでも藁をもすがる思いで夫がいない隙をみて、こっそり電話してみました。

 

千花先生はとても明るい声でした。

 

声を聞いただけで、話を聞いてもらえただけで涙が出てきました。

 

DVやモラルハラスメントに関する質問を相談して、夫が私にしていたことの本質を理解しました。

 

 

目の前の霧が晴れていくような感覚でした。

 

 

今は、自助グループにつながり、支援団体の援助者のアドバイスを受けながら、夫の元を離れ、娘と2人の生活を送れるようになりました。
今は、夫といた頃よりも経済的には不自由もありますが、心を誰かに踏みにじられないですむ生活を喜んでいます。
何を考えてもどう判断しても自由なんだ、という幸せを感じています。やっと、私が私になれた、という感覚を味わっています。
もう二度と、誰かに心を踏み荒らされて自由にされたくない。私の心の舵は自分でとって行きたい、そう思っています。

 


 

 

千花先生には感謝!しかありません。